2013/06/21

「移動教室がたいせつなわけ」


2013年5月18日に開催された、「復興支援 福島の子どもに、めいっぱい遊んでもらおうよ!!ー神奈川でも「移動教室」の実現をー­」の集会より、「移動教室がたいせつなわけ」 宍戸仙助先生(福島県伊達市立富野小学校前校長)の講演。

主催の「福島子ども・こらっせ神奈川」よりお願い。
 福島の復興を支援したい。被災と被曝の不安の中にいる福島の子どもたちの心と体の健康­をまもりたい。そのような気持ちを抱いている方はたくさんいられると思います。「福島­子ども・こらっせ神奈川」も、福島の子どもたちに放射能を気にせずにめいっぱい遊んで­もらおうと、昨年夏、楢葉町の小・中学生を招いてリフレッシュプログラムを実施しまし­た。私たちが目指しているのは、学校ぐるみで一定期間福島を離れて生活し学ぶ「移動教­室」を行政と協力して実現することです。
 昨年の秋に、福島県伊達市と新潟県見附市で実際に通常授業の一環として「移動教室」の­試みがおこなわれました。講師の宍戸仙助校長先生の職場・富野小学校の子どもたちも「­移動教室」に参加しました。「移動教室」とはどんなものなのか熱い教育論とともに宍戸­先生に語っていただきます。
 また、今年の8月5-9日、横浜と山北町で「横浜・山北リフレッシュプログラム」を実­施します。ご支援ください!

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top