2014/04/19

横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)Fashion collection 2014

学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)の学生による作品発表会「YFDファッションコレクション」が2月26日、鶴見区民文化センターサルビアホールで華やかに開催された。開校時から毎年、学年末・卒業前に開催され今回で65回目。

当日の様子をご覧下さい。

Video photography is Higa David Hisato Liao. 今回のショーを指導したパターンメイキングを教えている同校の菊池紀子先生は「学校の授業は、どうしても自分に似合うものを製作する。実際に社会に出ると買ってくれるお客様がいて始めて商売が成り立つ。独りよがりでなく、社会のトレンディを敏感に感じ取り企画を立案することが大切だ」と語り、今後の学生の成長に期待を寄せていた。 コレクションは、学生たちが1年間の成果をファッションショー形式で披露する。企画から運営まで学生主体で実施され学年に関係なく発表できる。地場産業の横浜スカーフの展示や横浜スカーフを使ったワンピースドレスなどの発表もあった。

横浜ファッションデザイン専門学校は、昭和23年設立の老舗ファッション専門学校です。鶴見駅から徒歩1分と立地もよく今年、2号館も完成し、多くの生徒が学んでいる。
コレクションは開校時から毎年、学年末・卒業前に開催され今回で65回目。

 

学校法人桜井学園 横浜ファッションデザイン専門学校 http://www.yfd-c.com/
横浜スカーフ http://www.yokohamascarf.com/

横浜の伝統産業のひとつにスカーフがある。一時は生産量で世界のトップを占めていたこともあるほど、横浜スカーフは生産技術の質、量ともに秀でている。 今回のコレクションでも「横浜スカーフ」で製作したワンピースドレスなどを多数発表している。 また、赤レンガ倉庫での横浜スカーフをデザイン・アレンジした作品展示は、4年目を迎え、横浜スカーフファッションショーの開催は、今年で3回目を迎える。

横浜の高度な捺染技術がこれからも日本の大切な伝統文化として受け継がれることはもとより、学生の若い力、新しい発想ににより横浜スカーフの魅力の再発見につながることに期待したい。

2014横浜ファッションウィーク
主催 「横浜ファッションウィーク」実行委員会
共催 横浜繊維振興会、横浜ファッションデザイン専門学校
■横浜スカーフ ファッションショー   
横浜ファッションデザイン専門学校の生徒による、横浜スカーフで作った作品の手作りファッションショーを開催。
優秀作品、市民賞の表彰式を行います。       
日時:5月6日(火・振休)14:00~
■横浜ファッションデザイン専門学校作品展示コーナー
期日 4月25日(金)~5月5日(月・祝)  10:00~18:00
学校法人桜井学園 横浜ファッションデザイン専門学校生徒による スカーフで作った洋服と雑貨の展示発表。
詳細はこちら
http://www.yokohamascarf.com/event1010rwing.html


この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top