2014/02/26

よみがえれ!!井の頭池!かいぼり1月25・26日~鶴見から参加

東京都の井の頭池の生態系を回復させ、水質改善を目的とした「かいぼり」が1月25,26日行われた。
かいぼり実施は都立公園では初。2017年の井の頭公園開園100周年に向け、都と三鷹、武蔵野両市、地元商工業者らの実行委員会が行っている。
少しでも理想の井の頭をとりもどすため行政、市民が一つになった。2日間で約260人のボランティアがかいぼりに参加した。

鶴見区の三ツ池で4度かいぼりを実施している三ツ池公園水辺クラブのメンバーと一緒に参加。

かいぼり実施は都立公園では初であり、池の水を抜くのは30年ぶりということもあり、多くのマスコミが連日つめかけた。
首都圏屈指の人気を誇る東京都立井の頭公園(三鷹市、武蔵野市)は、四季を通じ大勢の人が訪れる。実際に行ってみると、吉祥寺駅からすぐの公園で、繁華街に近いにもかかわらず、静かな森と池、動物園や文化施設が心を和ます憩いの場となっている。駅に向かう地域の住人通り道でもあった。
しかし…水位が下がると姿を現したのが投棄された自転車、ラジカセ、バイクなどの不法投棄。自転車はおよそ250台などが見つかった。...
鶴見の三池公園とはここが一番の違いだった。

●在来魚の保護
もともと井の頭池には、モツゴ(くちぼそ)やトウヨシノボリ(ハゼ)などの在来魚やエビ類が生息していましたが、オオクチバスやブルーギルなどの外来魚の流入によって、その数が激減し、現在、池にいる魚の90パーセント以上がオオクチバス、ブルーギルなどの外来魚で、在来生物を捕食して、生態系に大きなダメージを与えています。
かいぼりによって、外来魚を排除することで、在来の生きもの復活が期待されています。
近年は公園などの池で水質改善や外来魚駆除を目的に
おこなわれる例が増え大きな成果をあげている。鶴見区の三ツ池公園でも4回実施され効果立証されている。

●水質改善
池の水は植物プランクトンが増加して濁り、水質悪化の原因となる窒素やリンが増加してしまった。 かいぼりで池の水を抜き、池底を天日干しすることで泥の中の窒素やリンが減少し、水質が改善される。

昔の井の頭池は水が澄んで水草が茂り、魚から、水生昆虫まで色々な生き物生息している池だった。3万トンの湧水があり、2日に1回入れ替わるほどだ。飲み水としても使われるほどきれいだった。 宅地化で雨水の地下浸透が減っり、地下水の大量くみ上げなどが原因で湧水がなくなってしまい水がにごり水生植物もなくなった。低い透明度・酸素不足・高水温といった厳しい環境に耐えられる種だけが生き残ってきたのである。 さらに追い打ちかけたのは外来生物だ。ブラックバス、ブルーギル、アメリカザリガニ、ミシシッピーアカミミガメなどの外来生物に直接食べられてしまったり住家を奪われ、むかしいた生き物はいなくなった。

井の頭公園内、七井橋北側の野外ステージ付近には、来園者にかいぼりや池の自然再生についての情報を展示する「かいぼりステーション」を開設しイベントが行われたこの日は、捕まえた魚をさっそく水槽に入れて展示し、魚のことや池の生態系のことなどをくわしく解説した。 このブースは、かいぼりが終わる3月中ごろまで毎日開設される。

捕獲測定には次々と捕獲された魚が運ばれここで、分類、測定が行われた。保護対象の在来魚は今回かいぼり対象外の弁天池に放流。 2間で約260人のボランティアが参加した。行政、地域住人、市民団体がタックルを組んだ。層の厚さを感じた 池底を天日干しした後、二月下旬から再び注水し、お花見の三月下旬には元の水量に戻る。2年後、今回かいぼり対象外だった弁天池を実施する予定だ。そして開園100周年を迎える平成29年まで、1年おきにかいぼりをおこなっていく予定。 2014年井の頭池かいぼり観察日記 http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_categories/index06002003007.html

井の頭恩賜公園100年実行委員会「水と緑部会」 http://inokashirapark100.com/water_green/index.html

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top