2014/07/02

学ぼう!知ると今が見えてくる『つるみの昭和』

平成になって早や四半世紀。昭和という時代が少しずつ遠くなってきました。激動の昭和の暮らし、経済、文化etc、鶴見を中心に昭和の歴史をふり返ります。
また、地域の方々から当時の暮らしをうかがいます。

 9/27(土)
14:00~16:00 開講/
人口でたどる昭和の鶴見 横浜市史資料室 
【講師】調査研究員 松本 洋幸氏 【会場】鶴見神社参集殿

2 10/4(土)
14:00~16:00 昭和初期のある鶴見区民の生活実態
-声楽家 佐藤美子の父母の書簡から  
【講師】横浜市史資料室 調査研究員 百瀬 敏夫氏 
【会場】鶴見中央コミュニティハウス

 10/18(土)
14:00~16:00 語りべ そのⅠ私の昭和:川から丘から etc 
【講師】鶴見歴史の会地元の方々 
【会場】横溝屋敷 広間

 11/8(土)
14:00~16:00 鶴見の戦争-その時 まちは、人々は… 
【講師】横浜市史資料室 主任調査研究員羽田 博昭氏 
【会場】鶴見中央コミュニティハウス

 12/6(土)
14:00~16:00 横浜・鶴見の沖縄県人の100年のあゆみ  
-ともに歩んだ昭和 
【講師】郷土史家サトウマコト氏 
【会場】区役所2Fつるみ区民活動センター (予定)

 12/17~19
10:00~15:00 郷土史展 (鶴見区民文化祭協賛) 
テーマ「鶴見の富士講遺跡を訪ねて」「つるみの昭和」 
【講師】鶴見歴史の会 期間内自由見学 
【会場】鶴見区役所1F区民ホール

 1/10(土)
14:00~16:00 語りべ そのⅡ      /閉講
私の昭和: 駅周辺etc 
【講師】鶴見歴史の会地元の方々 
【会場】鶴見中央コミュニティハウス

※日程・会場等変更になる場合があります。

 

募集人数 30名(応募者多数の場合は抽選)     参加費 3,000円   鶴見歴史の会会員 2,500円 申込方法 8月末日までに往復はがきに講座名・住所・氏名 電話番号 返信面に住所・氏名を記入の上次の宛先へ  〒230-0051 鶴見区鶴見中央3-20-1 鶴見区役所2F つるみ区民活動センター気付 「鶴見歴史の会」行 問合せ先 箸 電話045-571-5035 東海林 電話045-581-0372 協  力 鶴見中央コミュニティハウス ●チラシ(PDFファイルが開きます) http://www.tsurumi-watchers.com/img/rekisikouza2014.pdf

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top