2019/05/27

5/19歌声でガンの子どもを応援~サルビアホール

がんの子どもを守る会を応援する会が主催するゴールドリボン・チャリティコンサートが5月19日、鶴見区民文化センターサルビアホールで開かれた。一昨年に引き続き本格的な歌唱力をもつ二期会所属のオペラ歌手ユニット【The JADE】が出演し満員となった。マイクは使わない生の歌声に魅了された。 ゴールドリボン・チャリティコンサートとしては9回目、鶴見会館時代から開催されチャリティコンサートからは25回を数える。 代表の鳥谷美代子 さんのお話ではチャリティコンサートは25年続けており、ゲストにかかわらず鶴見でのチャリティコンサートを楽しみにして頂いる。毎年足を運んで下さるお客様にお会いできるのが嬉しいと話す。 <主催> がんの子供を守る会を応援する会 <後援> 鶴見区、鶴見区医師会、香雲堂、東邦ホールディングス、        tvk(テレビ神奈川) 動画でご覧下さい 「ゴールドリボン」は、小児がんの子どもたちを支える活動のためのシンボルマークです。 アメリカでは、様々な団体がこのシンボルマークを使って、小児がんに関する啓発活動や、治療研究などへの経済的支援を求める運動をしています。 日本では、まだ歴史の浅い運動ですが、徐々に活動団体や支援企業が増えてきています。 認定NPO法人 ゴールドリボン・ネットワークより抜粋 本格的な歌唱力をもつ二期会所属のオペラ歌手ユニット【The JADE】は 昨年結成10周年を迎へ、音楽ジャンルの垣根を越えて熱狂的な支持を集めている。 披露された、加山雄三特集、The JADEのオリジナル曲中心のThe JADEメドレーは大いに盛り上がりました。 The JADEの出演は今回で4回目、メンバーの高野二郎さんは1回目より毎回出演。 ご来場の皆さまありがとうございました。 ロビーでは企業からの提供品、手作り品などのチャリティーバザーも行われた。 すべての子どもが生き生きと健やかに成長できるよう子育て支援に取り組んで行きたいと考えています。 治るようになったとはいえ毎年多くの子どもが亡くなっており、治療も続けていかなくてはならいない。家族への負担は大きく、共働きの両親の場合どちらかが仕事を辞めなければならない。引き続き、理解を頂き継続的なご支援をお願いしたい。 会場が一つになった

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top