2014/08/21

国道駅がギャラリーに~ランドマークプロジェクトⅤ 小山穂太郎写真展

歴史的建造物や倉庫、空きオフィスなどを転用したアーティストやクリエイターの活動・交流の場である5つの創造界隈拠点ではヨコハマトリエンナーレ2014の会期に合わせて多様なアートプログラムが実施されている。
横浜を代表するアート拠点のひとつ、「BankART Studio NYK」(横浜市中区海岸通3)と周辺で、8月1日からヨコハマトリエンナーレ2014創造界隈拠点連携プログラム「BankART Life4 "東アジアの夢"」が開催されている。この一環で、「歴史的建造物等を巡る Landmark Project V」では、市内のさまざまな場所で展示を実施。生麦の国道駅では小山穂太郎氏の写真が展示され、薄暗い構内の壁面に怒濤の海の写真群、なんともいえない独特な雰囲気に包まれていた。
関内地域で開催されているが、唯一少し離れた鶴見で展示されている。開催期間8/1~11/3

5つの創造界隈拠点
・BankART Studio NYK
・初黄・日ノ出町地区
・象の鼻テラス
・急な坂スタジオ
・ヨコハマ創造都市センター(YCC)

横浜トリエンナーレ(よこはまトリエンナーレ、Yokohama Triennale)は、横浜市で3年おきに開催される現代美術の国際展覧会。8月1日より第5回展が開催されている。 http://www.yokohamatriennale.jp/index.html BankART Life4 "東アジアの夢" http://www.bankart1929.com/eastasia/ こやまほたろう|1955年東京武蔵野市生まれ。87年に東京芸術大学美術研究科博士課程満期退学。87年「現代美術になった写真」(栃木県立美術館)、90年「移行するイメージ」(京都近代美術館)など、写真・映像を主に用いて創作活動を展開し、94-95年には文化庁在外研修でフランスに滞在。2002年個展「Phantom」(栃木県立美術館)現在は、日常の場で時間とイメージの想起を探求するという考えの基、イメージを生成する媒体を主に用いて創作活動を進めている。 BankART Life4 "東アジアの夢" 東アジア文化都市2014横浜より抜粋 http://www.bankart1929.com/eastasia/

この記事に関するコメントを行う

お名前  *
メールアドレス  *
ウェブサイト
コメント:  *



港北ふるさとテレビ局

ハワイアンランヤード販売中

最新の情報

»一覧


Go Top